Macを消去してmacOSHighSierraを再インストールしようとすると、多くの人が「APFSインストール用のプリブートボリュームを作成できませんでした」と遭遇したと報告されています。あなたがその1人である場合、この記事では、この問題を解決する方法を説明します。

ユーザーの1人がAppleのディスカッションページで問題について報告した内容は次のとおりです。

SierraとVmwareFusionを実行しているMacMini。

SierraVMがHighSierraにアップグレードされます。

High Sierra VMは正常に起動しますが、ファイルシステムはアップグレードされておらず、AppleHFSのままです。

まず、議論中の特定の問題が最初に現れる原因を理解してみましょう。エラーメッセージは、Preboot Execution Environment(PXE)をMacOSシステムにインストールできないことを示しています。

Appleはその理由を理解する必要がありますが、APFSまたはApple File Systemに問題があるように見えます。これは、Appleが2年前のファイルシステムまたはHFS+を置き換えるためにHighSierraに導入した新しいファイルシステムです。トラブルの原因になります。

この新しいシステムファイルにより、システムのセキュリティが向上し、SSDの互換性が向上します。ただし、CatalinaなどのHighSierraより古いOSXと互換性のないOSXで問題が発生します。

Appleのファイルパーティションタイプが原因で、リカバリモードを使用してHigh Sierraを再インストールしようとすると、機能しない可能性があります。この状況で試すべき2つの可能な解決策を以下に示します。

の可能な解決策は、APFSインストール用のプリブートボリュームを作成できませんでした

修正1:パーティションを削除する

これにより、エラーが発生する理由であるAPFSシステムが削除され、MacOSを問題なく再インストールできるようになります。

  • Macをシャットダウンし、リカバリモードで再起動します。そのためには、Appleロゴが表示されるまで電源ボタンを同時にコマンド+Rで押し続けます。
  • [ユーティリティ]メニューが表示されたら、[ディスクユーティリティ]>[内蔵ドライブ]>[消去]を選択してドライブを消去し、ディスクユーティリティを閉じます。
  • 現在、2つのオプションがあります。ディスクユーティリティを再度開き、内蔵ドライブをクリックしてMac OS拡張としてフォーマットするか、デバイスの電源を切り、再起動して再起動したら、インターネットリカバリモードに入り、ディスクユーティリティを選択してその下をドライブし、Mac OS Extendedとして再フォーマットし、MacintoshHDという名前を付けます。
  • ドライブが表示されない場合は、ドライブを作成してMac OS拡張としてフォーマットしてから、ディスクユーティリティを終了し、[MacOSの再インストール]をクリックします。

修正2:インターネット回復モードに入る

  • デバイスを再起動し、再起動時にCommand + R + Alt/Optionを押してインターネットリカバリモードに入ります。
  • WI-FIをクリックして、ユーティリティを入力します。
  • [OSの再インストール]をクリックすると、システムに元のOSがインストールされます。
  • HighSierraを簡単にインストールしたり、AppStoreから更新したりできるようになりました。
結論

それで全部です! apfsインストール用のプリブートボリュームを作成できなかった場合の可能な修正をすべて提供しました。そうだといいのですが、これらの方法は修正を取得するのに本当に役立ちます。問題が解決しない場合は、Mac修復ツールを試して、一般的なMacの問題が問題の原因であるかどうかをクロスチェックすることをお勧めします。

Mac修復ツールのダウンロードリンク