世界中のインターネットサーバーには、約10億のWebサイトが存在します。ただし、ワールドワイドウェブに表示されるこれらの10億のウェブサイトは氷山の一角に過ぎず、ダークネットやディープウェブの形で隠されたウェブが存在すると考えられています。

人々はしばしばダークネットとダークウェブを混同します。ただし、どちらも完全に異なります。これについては、記事を進めるにつれ、ダークネットとダークウェブの頭の下で説明します。最初にダークネットとは何かを教えてください。

ディープウェブを知る

ディープウェブを知らなければ、ダークネットとは何か、ダークウェブとの違いを深く理解することは困難です。次の段落では、DarkNetとDarkWebの2つの用語を関連付けて区別するのに役立つ、これについての理解を深めました。

技術の進歩により、人々は海の奥深くに潜り込み、それによってRMSタイタニック号の遺跡を発見することが可能になりました。私たちの検索エンジンも同じ仕事をしており、インターネットの領域を深く掘り下げて、見つけたものに注意を払っています。

発見は決して終わらないことをご存知でしょう。海の中にはもっとたくさんの発見があります。検索エンジンもそうです。それらは、ワールドワイドワイドのさまざまな部分を識別しません。実際、これは表層Webのみを表示し、WorldWideWebの深層Webにテキストを送信することはできませんでした。

深層ウェブの総量は、表層ウェブの総量の1000〜2000倍です。ディープウェブの辞書の意味を探すと、「暗号化のように、従来の検索エンジンから隠されて表示されないインターネットの部分。インデックスに登録されていないWebサイトの集合体。」

たとえば、検索エンジンは、政府主導の秘密のエイリアンミッションに関するデータをホストしているサーバーやサイトにアクセスできません。また、あなたの家の隣のプライベートネットワークは、標準的な検索エンジンのクローラーの範囲ではないインターネットと言うことができます。

DarkNet;それは何ですか?

DarkNetは、特定のツールとソフトウェアのみがアクセスするために必要な暗号化されたネットワークであると言えます。それはユーザーに匿名性を提供します。 TorまたはTorOnionRouterには、この目的で使用される例があります。

Tor Networkを使用するには、TorWebブラウザを使用する必要があります。これを使用して、インターネットWebサイトにアクセスしたり、通常のインターネットではアクセスできない多数の非表示のWebサイトやサービスにアクセスしたりできます。 Torネットワークに限定されたウェブサイトが特別な.onionアドレスを持っているので、それはオニオンランドと呼ばれます。

Friend-to-Friendは、別の種類のダークネットです。これにより、2人がインターネットを介して直接通信できます。彼らはp2p接続を介していくつかのファイルを共有することができます。このようなネットワークには他の人がアクセスすることはできず、暗号化してパスワードで保護できるため、関係者だけがアクセスできます。

DarkNetとDarkNet:違いを知る

ダークウェブはディープウェブのサブセットと見なすことができます。インターネットとWWWは同じものではないという点で、ダークネットとは異なります。 DarkNetはネットワークであり、ディープWebは通常のWeb検索エンジンからは到達できないWWWのチャンクです。

 したがって、ダークウェブはダークネットのWWW、つまりダークネットを実行しているサービスとWebサイトであると言えます。ダークウェブは意図的に隠されており、その背後に違法な目的がある可能性があるという意味で、ディープウェブとは異なります。