いくつかのフォーラム サイトを調査した結果、非常に多くのユーザーが SharePoint での作業中に不満を共有しており、Excel でリストを作成できていないことがわかりました。また、SharePoint Web サイトで利用可能な既存のファイルからリストを作成しようとすると、次のメッセージが表示されます。

「何かがうまくいかなかった。ファイル [xxxx] は存在しません。」

エラーを回避しようと懸命に努力している場合は、適切な場所に到達したことになります。ここでは、問題を解決するために考えられるすべての修正について説明します。どうぞお楽しみに。

ただし、トラブルシューティング方法に進む前に、このエラーをよりよく理解するために考えられる理由を確認する必要があると考えています.

ファイルが存在しないExcelでリストを作成できない理由

  • 既定のドキュメント ディレクトリが SharePoint から削除されている場合、対象の Excel シートからリストを作成することはできません。
  • エラーのもう 1 つの理由は、Excel シート内のデータ型です。データ型に加えて、管理されたメタデータまたはいくつかの外観列も理由になる可能性があります。
  • ファイルの名前が Documents から別の名前に変更されている場合、上記の言及エラーに直面する可能性があります。

ファイルが存在しない Excel でリストを作成できない場合は、これらの修正を試してください。

方法 1: 既定のドキュメント ライブラリの名前を変更する

前述したように、既定のドキュメント ライブラリの名前が変更されている場合、上記の問題が発生する可能性があります。そのような状況では、名前を Documents に戻す必要があります。

同じことを行うには、以下の手順に従います。

ステップ 1: [ライブラリの設定] に移動し、[リスト名、説明、およびナビゲーション] に移動します。

ステップ 2: [名前] をクリックして、ファイルの名前を変更します。

ファイルの名前を変更したら、問題が解決したかどうかを確認します。

方法 2: 既定のドキュメント ライブラリを削除する

現在のエラーに直面する主な理由の 1 つは、既定のドキュメント ライブラリの削除です。このようなシナリオでは、削除されたファイルを取得する必要があります。

そのためには、以下の手順に従います。

ステップ 1: デフォルトのドキュメント ライブラリが削除され、ごみ箱に存在する場合は、復元できます。したがって、Excel ファイルが返され、そのファイルからリストを作成するプロセスに進むことができます。

ステップ 2: ファイルが削除され、ごみ箱から取り戻せない場合は、Documents という名前の新しいライブラリを作成する必要があります。

方法 3: データ型の問題

Excel シート内のデータ型が原因で上記のエラーに直面している場合は、ファイル内の列を確認する必要があります。

1 行のテキスト、日付、ユーザー ピッカーなどの一般的なデータ型を使用する既存のリストから新しいリストを作成してみてください。うまくいく場合は、問題を引き起こしている可能性のある他の日付タイプを使用していることを確認することをお勧めします。

方法 4: 管理されたメタデータが問題である

Excel シート内のすべての列の確認が完了したら、データ型が原因ではないことを確認してから、エラーの原因をファイルすることができます。管理されたメタデータまたは一部の外観列が上記の問題を引き起こしているかどうかを調べます。

以上で、ファイルが存在しない Excel でリストを作成できません。エラーを回避するためのすべての潜在的な修正を提供するために最善を尽くしました。今度はあなたが私たちのガイドラインに従う番です.