何人かのユーザーは、「このサーバーの証明書が無効です」というネットワーク接続エラーが発生していると主張していますが、一部のユーザーは、iTunes Store、メールアプリ、 AppStoreまたは任意のWebサイト。同じ問題に苦労している場合は、問題を解決するために私たちにご期待ください。ただし、トラブルシューティング方法に進む前に、証明書について詳しく説明したいと思います。それでは、ディスカッションを始めましょう。

証明書とは何ですか?証明書エラーとはどういう意味ですか?

データを暗号化する安全なWebサイトは、サイトが間違いなく安全であることを確認するために、信頼できる認証局(CA)からサイトまたはホストの証明書を取得する必要があります。これらのセキュリティ証明書はHTTPS(Hyper Text Transfer Protocol Secure)の一部であり、ユーザーのブラウザとサーバー間を行き来するすべてのデータを暗号化するように設計されていることに注意してください。

したがって、上記の説明から、証明書はデータが暗号化されていることをユーザーに保証し、機密データを自由に提供できることを理解できます。

証明書エラーは、Webサイトまたはサーバーの信頼性がまったくないことを意味するだけであり、Webサイトへのアクセス中に証明書エラーが表示された場合は、機密データを入力することを強くお勧めしません。

証明書エラーが表示された場合の対処方法

証明書エラーは、サイトまたはサーバーが信頼できないことを示しているだけなので、ユーザーは特定のサイトに信頼を投資しないでください。ただし、場合によっては、簡単に修正できる小さな間違いが原因でこのようなエラーが発生することがあります。証明書のエラーを回避するための簡単なヒントをいくつか紹介しました。

1.アプリを強制的に閉じて、もう一度起動します

2.デバイスを再起動します

3.メールアプリに問題がある場合は、アカウントを削除してから再度追加する必要があります。

4.デバイスのすべての設定をリセットします

5.デバイスの日付と時刻の設定を更新して自動的に設定する

次の手順に従って、日付と時刻の設定を設定します。
  • デバイス(iPhone、iPad、iPodの場合)で、[設定]>[一般]>[日付と時刻]に移動します
  • 手動で入力するのではなく、[自動設定]をオンに切り替えます

Macユーザーの場合:

  • [システム環境設定]>[日付と時刻]に移動し、[日付と時刻を自動的に設定する]チェックボックスをオンにします。
手順に従って、Safariの不正なWebサイトの警告をオフまたはリセットします。

サイトが安全であることが保証されている場合は、Safariの警告をオフに切り替えることができます。ただし、そうすることはお勧めしません。そのため、サイトについて110%確信している場合にのみオフに切り替えてください。

  • Safariで不正なWebサイトの警告を無効にするには、[設定]> [Safari]に移動してから、[不正なWebサイトの警告]をオフに切り替えます。

警告をオフにするかどうかというジレンマに陥っている場合は、より適切なオプションをお勧めします。それはリセットです。続行するには、以下の手順に従ってください。

  • [設定]>[Safari]に移動し、不正なWebサイトの警告をオフに切り替えます
  • デバイスを再起動し、同じ設定に戻ってから、不正なWebサイトの警告をオンに戻します。
  • 最後に、サイトまたはアプリを再度テストします。

注意点:上記の2つの方法を実行した後でも、証明書エラーが表示される場合は、証明書の有効期限が切れて更新が必要になる可能性が非常に高くなります。したがって、証明書の警告がなくなるまで、サイトを続行しないでください。この問題はサーバーまたはWebサイトに関連していることを前に説明したように、できることは、証明書が更新されるまで待つことだけです。

証明書の有効性を確認する方法(Macの場合)?

Appleは、証明書IDが有効か信頼できるかを確認するためのキーチェーンアクセスをユーザーに提供します。これを行うには、以下の手順に従ってください。

  • Macで[アプリケーション]>[ユーティリティ]に移動します
  • 次に、カテゴリリストから[キーチェーンアクセス]>[証明書]を開きます。

  • 評価する証明書を選択し、[メニュー]をタップして、[キーチェーンアクセス]>[証明書アシスタント]>[評価<証明書名>]を選択します。

  • ポリシーを選択し、[続行]をタップします

結論

ネットワーク接続エラーについては以上です。このサーバーの証明書は無効です。あなたがブログを気に入ってくれたことを願っています。読んでくれてありがとう。