USBデバッグは、Androidスマートフォンとコンピューター間の接続を容易にし、コンピューターからデバイスにアクセスしてデータを転送できるようにする方法です。したがって、上記の説明から、コンピュータからデバイスにアクセスする場合は、USBデバッグが非常に重要であることがわかります。しかし、デバイスの画面が壊れていて、AndroidでUSBデバッグが無効になっている場合はどうなりますか。パニックにならない!この記事では、壊れた画面または黒い画面のあるAndroidでUSBデバッグを有効にする方法について説明します。そのためのいくつかの効果的な方法を採用しました。それで、それ以上の遅延なしに始めましょう。

これらの方法を試して、AndroidでUSBデバッグを有効にしてください

方法1:OTGケーブルとマウスを使用して、画面が壊れた/黒い画面のAndroidでUSBデバッグを有効にする

この方法では、タッチスクリーンが壊れている/黒くなっているときに画面なしでUSBデバッグを有効にする方法を説明します。

基本的に、USB OTGはUSBon-The-Goと呼ばれ、USBドライブ、キーボード、マウスなどのデバイスをUSBTypeCまたはマイクロUSBポートを介してスマートフォンに接続するのに役立ちます。ただし、多くのスマートフォンがOTGテクノロジーをサポートしていないことを覚えておく必要はありません。そのため、先に進む前に、デバイスとの互換性を確認してください。

次に、デバイスと互換性があることを確認したら、以下の手順に従います。

ステップ1:電話をマウスとOTGアダプターに接続します。コントローラーをお持ちの場合は、複数のユーザーがデバイスにXbox / PS3 / PS4有線コントローラーを接続し、成功したと主張しているため、コントローラーを使用することもできます。

ステップ2:マウスをクリックして電話のロックを解除し、設定でUSBデバッグをオンにします

ステップ3:黒い画面のAndroidフォンをPCに接続すると、デバイスが外部メモリとして識別されます

ステップ4:コンピューターでデバイスのファイルとフォルダーを開き、連絡先、写真、ビデオなどの必要なデータをコピーします。

方法2:コンピューターの黒い画面でAndroidのUSBデバッグを有効にする

何人かのユーザーは、AndroidでコンピューターからリモートでUSBデバッグを有効にすることは可能であると質問しましたが、答えは「いいえ」です。ただし、ADBコマンドまたはターミナルを使用して、壊れたAndroidをPCでバックアップすることはできます。

Androidデバイスの問題をデバッグできるSDKというツールがあることをご存知かもしれません。 Android Debug Bridge(ADB)ツールは、SDKツールの一部です。コンピューターでADBツールを使用することにより、コンピューターはUSB経由でAndroidデバイスと通信し、デバイス上のバックアップデータを含む一連のコマンドを実行できます。 ADBコマンドを実行することにより、USBデバッグを使用して壊れたAndroidからデータを抽出できます。

ステップ1:まず、コンピューターにADBツールをインストールします

ステップ2:通常、ADBはUSBデバッグを使用して電話と通信する必要があります。壊れた電話ではUSBデバッグが無効になっているため、デバイスをClockworkModリカバリモードで起動する必要があります。

ステップ3:電話がリカバリモードになったら、ADBツールを起動し、画面が壊れている電話をUSB経由でコンピューターに接続します。

手順4:コマンドプロンプトに次のように入力します:adb devices

ステップ5:その後、壊れたAndroidにデータをバックアップするコマンドを入力します。

  • Adbpull/ data / media / clockworkmod / backup〜/ Desktop / Android-up
方法3:データ回復ツールを使用する

さて、問題のある壊れた画面でも上記の手動の方法を簡単に実行できるユーザーがいますが、技術的な専門知識を持たない初心者を見逃すことはできないので、そのようなシナリオでは、次のことができるデータ回復ツールをお勧めします数回クリックするだけで、バックアップやその他の問題なしにすべてのデータを回復できます。これは、混乱することなくこのツールを使用できる最も信頼できるリカバリツールの1つです。

⇑ここからデータ回復ツールを入手⇓

結論

これで、画面が壊れたり画面が黒くなったりするAndroidでUSBデバッグを有効にすることができます。このブログが気に入った場合は、サイトまたはより役立つ記事にアクセスし続けてください。