Androidユーザーが最近受け取っている最も一般的なエラーの1つは、残念ながら、プロセスcom.android.systemuiがエラーを停止しました。これは、デバイスのUIが機能しなくなり、応答するエラーです。

要因としては、カスタムROMのインストールの誤りから、OSファイルやサードパーティ製アプリの削除まで、さまざまなものが考えられます。ほとんどの場合、サードパーティのアプリでこの問題が発生します。ユーザーの多くは、Firefoxが問題のエラーを引き起こしていると報告しました。以下の推奨されるヒントを確認して、問題の修正を入手してください。

残念ながら、プロセスcom.android.systemuiが停止したための修正

修正1:CMセキュリティを実行する

多くのユーザーが、CMSecurityを実行すると問題が解決したと提案しました。アプリをダウンロードして実行する手順は次のとおりです。

  • PlayストアにアクセスしてCMセキュリティを検索します。
  • アプリをインストールして実行し、
  • それであなたの電話をスキャンしてください、そして、問題は解決されるべきです。

修正2:デバイスのキャッシュパーティションを消去する

デバイスのキャッシュをワイプすると、特定の問題が解決する場合があります。

  • デバイスの電源を切り、
  • リカバリモードでオンにします。これは、電源ボタン、音量大ボタン、ホームボタンを同時に押し続けることで実行できます。
  • リカバリモードになったら、ボリュームキーを使用して[キャッシュパーティションのワイプ]を強調表示します。
  • 次に、電源ボタンを押して選択を確認します。

修正3:電話をセーフモードで実行する

サードパーティのアプリが残念ながらプロセスcom.android.systemuiを停止させているかどうかを確認するために、しばらくの間電話をセーフモードで実行します。問題がセーフモードで表示されない場合は、サードパーティのアプリを1つずつ有効にして、原因を特定し、スマートフォンから削除してください。

修正4:デバイスのROMを再インストールまたは変更する

デバイスのルート化中にカスタムROMがインストールされた場合、インストール後にデバイスのデータとキャッシュが適切に消去されなかった可能性があります。この場合、ROMを再インストールするか、完全に新しいROMに切り替える必要があります。

修正5:Googleアップデートをアンインストールする

Google Updatesをインストールした可能性がありますが、Android OSと完全に互換性がなかったため、残念ながらcom.android.systemuiプロセスの問題が停止しました。その場合、次の更新をアンインストールする必要があります。

  • [設定]オプションに移動し、
  • アプリケーションをクリックし、
  • アプリを選択し、
  • 右側の3つのドットをクリックして、[システムアプリの表示]を選択します。
  • 次に、アプリのリストまで下にスクロールして、Googleアプリを選択します。
  • 最近インストールされた更新をアンインストールするには、[更新のアンインストール]オプションをクリックします。

修正6:キャッシュ/データのクリア

携帯電話のストレージキャッシュが破損していて、Google Playがこの破損したキャッシュを使用しているため、プロセスcom.android.systemuiが停止したというエラーが表示される場合があります。この場合、キャッシュをクリアすることをお勧めします。

  • 電話の設定に移動し、
  • アプリケーションをクリックし、
  • アプリを選択し、
  • 右上の3つのドットをクリックし、[システムアプリの表示]を選択します。
  • システムアプリで、GooglePlayストアをクリックします。
  • [ストレージ]オプションをクリックし、
  • 最後に、[キャッシュのクリア]をクリックします。

修正7:自動更新を無効にする

Playストアでキューに入れられた自動更新が問題の原因である可能性があります。したがって、あなたのステップは、これらの自動更新がモバイルでトリガーされないようにすることです。

  • Playストアを開きます。
  • メニューをクリックして設定に移動し、
  • 一般ウィンドウで、[アプリの自動更新]オプションをクリックします。
  • 開いた画面で[アプリを自動更新しない]オプションを選択します。
  • [OK]ボタンをクリックして変更を保存します。

修正8:自動開始管理を無効にする

残念ながら、com.android.systemuiが問題を停止したプロセスは、お使いの携帯電話の一部のアプリに、自分で自動起動できるようにする許可が与えられていることが原因である可能性があります。この機能を一時的に無効にして、これが機能するかどうかを確認します。

  • [設定]に移動し、
  • 下にスクロールして[セキュリティ]オプションを選択します。
  • 次に、自動開始管理エントリをクリックします。
  • その下で、リスト内のすべてのアプリの事前にチェックされたボックスのチェックを外し、変更を保存します。

修正9:システムインターフェイスキャッシュをクリアする

システムインターフェイスによって取得された破損したキャッシュが問題の原因である可能性があります。これを修正するには、キャッシュをクリアする必要があります。

  • [設定]をクリックし、
  • [アプリケーション]を選択し、[アプリ]オプションを選択します。
  • 右上の3つのドットをクリックし、[システムアプリの表示]を選択します。
  • その下で、[システムインターフェイス]を選択します。
  • [ストレージ]オプションをクリックしてから、[キャッシュのクリア]と[データのクリア]オプションをクリックします。

修正10:システムUIがTOPに描画できるようにする

許可がリセットされる可能性があるため、問題が発生する可能性があります。以下の手順で、この許可を与えることができます。

  • [設定]をタップして、[アプリケーション]セクションに移動します。
  • 次に、[アプリケーションマネージャー]で、右上の3つのドットをクリックし、上部に表示できるアプリを選択します。
  • 次のページの3つのドットをクリックし、[システムアプリの表示]を選択します。
  • システムUIをクリックし、権限をオフからオンに変更します。

どの方法でも修正を取得できない場合は、dr foneandroid修復ツールを使用することをお勧めします。このツールは、私たちが残した可能性のあるすべての問題をチェックし、それを自動的に修正します。こちらが直接ダウンロードリンクです。

Dr foneAndroid修復ツールの直接ダウンロードリンク

結論

それで全部です!今、私たちは私たちの記事を締めくくっています。残念ながら、プロセスcom.android.systemuiが問題を停止したため、修正を試みることができるすべての可能な修正を提供しました。うまくいけば、上記の修正が問題を取り除くのに役立つでしょう。