「Android携帯の画面がちらつく」問題は、携帯電話だけでなく、通常の視力にも悪影響を及ぼします。ほとんどの場合、この問題は画面の特定の部分で発生し、コンテンツがはっきりと見えないようにします。

 ちらつきの問題が常にハードウェアの問題を意味する日がありました。しかし現在、この問題をハードウェアに直接指摘することはできません。この問題が発生する原因は、設定の観点からは異常な動作である可能性があります。

パニックになる必要はありません!私たちはあなたが探している「私の電話スクリーンをどのように扱うかがアンドロイドをグリッチしている」問題のためにここにいます。チャームのように機能する修正を提供します。ただし、その前に、問題の問題の原因となる可能性のあるものを確認してください。

「Android携帯の画面がちらつく」理由

お使いの携帯電話の画面グリッチの問題を引き起こす可能性のあるいくつかの要因が考えられます。これらには以下が含まれます:

  • デバイスがGPUからCPUに切り替えて画面にコンテンツを表示する場合、
  • 携帯電話にインストールされているアプリが、GPUによって提供される画面解像度よりも高い解像度を必要とする場合、
  • インストールされているアプリが古くなっている場合は、
  • AndroidOSが更新されていない場合、
  • 保存されているキャッシュが多すぎる場合。
  • サードパーティのアプリが電話やその他の機能と競合する場合、
  • ハードウェアにLCDパネルに問題がある場合。

そうは言っても、解決策の部分にジャンプして、ソフトウェアの起源に関する問題を解決してみてください。

「私の電話の画面がAndroidをグリッチしている」の修正

修正1:デバイスを再起動します

Androidだけでなく、iOSやWindowsやMacでさえも、デバイスで問題が発生した場合に最初にすべきことは、単純な再起動を実行することです。通常のバグや不具合はこれで解消されます。これにより、発生した携帯電話の画面の不具合の問題が解消される場合があります。

修正2:デバイスをセーフモードで起動する

この状況に対処するためのより高度な方法は、デバイスをセーフモードで起動することです。これで、Android OSを必要な機能だけで実行し、電話の他の重要でない部分をすべて無効にする必要があります。明らかに、問題の原因となっているサードパーティのアプリは自動的に無効になり、それらによって引き起こされた競合がある場合は、プロセスを通じて自動的に修正されます。

  • 画面に電源メニューが表示されるまで、電話の電源ボタンを押し続けます。
  • 電源ボタンのアイコンを押し続けると、電話がセーフモードで開きます。

デバイスの起動時に、画面のちらつきの問題が解決された場合は、サードパーティのアプリが問題を引き起こしていることを意味します。ただし、問題が解決しない場合は、以下の解決策に進んでください。

修正3:インターネット接続を確認する

ビデオ通話中にAndroidスマートフォンの画面がちらつく場合は、インターネットの速度が遅いことが原因である可能性があります。インターネットは高速で実行されているが、反対側の受信者はそうではない場合があります。その場合は、サービスプロバイダーに連絡する必要があります。

修正4:OSの更新を確認する

古いAndroidOSが原因でソフトウェアの不具合が発生したために、携帯電話で画面のちらつきの問題が発生する場合があります。この問題を解決するには、携帯電話に最新のOSアップデートをインストールする必要があります。

  • 設定を開き、
  • [電話について]をクリックして、[システムアップデート]を選択します。
  • 利用可能なアップデートがある場合は、アップデートオプションを取得します。
  • 更新ボタンをクリックして、電話が更新されるまで待ちます。

修正5:インストールされているすべてのアプリのアップデートを確認する

OSだけでなく、インストールされているアプリが古くなっていると、いくつかのバグが原因で携帯電話の画面がAndroidにグリッチする可能性があります。したがって、インストールされているすべてのアプリが更新されているかどうかを確認してください。

  • Playストアを開きます。
  • プロフィールをタップし、
  • [アプリとデバイスの管理]セクションに移動し、
  • [利用可能な更新]をクリックしてから、[すべて更新]オプションをクリックします。
  • 名前からそれほど遠くない[更新]ボタンをクリックすると、特定のアプリを更新できます。

修正6:デバイスのキャッシュをクリアする

状況を制御できない場合は、先に進んでアプリのキャッシュを削除してみてください。お使いの携帯電話には、安全に起動するために必要なキャッシュメモリファイルもいくつかあります。ただし、偶然に破損する可能性があります。 GPUキャッシュファイルが破損し、画面のちらつきの問題が原因で発生する可能性があります。この場合は、キャッシュをクリアする必要があります。

  • デバイスの電源を切り、
  • 次に、デバイスの電源がオンになるまで音量を下げて電源キーを押し続けます。
  • 電話機はリカバリモードで再起動します。
  • 次に、キャッシュのクリア/キャッシュのワイプオプションを検索して見つけます。
  • それをクリックして、キャッシュをクリアするアクションを確認します。
  • デバイスを再起動してから、Androidのホーム画面でデバイスの電源を入れます。

修正7:障害のあるアプリを確認する

私のAndroid携帯電話の画面がちらつくのは、最近追加され使用されたアプリケーションの結果である可能性があります。その場合、アプリに問題があります。スムーズなプロセスと競合している可能性があります。だから、あなたはあなたの電話からそれをアンインストールする方が良いです:

  • 問題のアプリを見つけ、
  • 上記のオプションが表示されるまで長押しします。
  • そこで、[アンインストール]を選択し、アクションを確認します。

修正8:アダプターの明るさをオフにする

Androidのアダプターの明るさは、必要に応じて画面の明るさを自動的に増減します。たとえば、日当たりの良い場所で電話を使用すると、画面のライトが自動的に点灯します。同様に、暗い場所で電話を使用している場合は、自動的にダウンします。

時々、外の状態を検出するセンサーが不正になり、これが原因で明るさが突然上下にジャンプすることがあります。これにより、画面がちらつくような感覚が得られます。この場合、問題を解決するには、アダプタの明るさオプションをオフにする必要があります。

修正9:ハードウェアオーバーレイを無効にする

ハードウェアオーバーレイは、デバイスの機能とパフォーマンスを強化するのに役立つ開発者向けオプションで隠されている多くの機能の1つです。このオプションを無効にすると、ハードウェアが電話の画面を表示するためにCPUとGPUの間でシフトし続けるときに画面の不具合が発生した場合に、スマートフォンの画面がAndroidで不具合が発生する問題を修正できます。このオプションを無効にして、GPUにこのタスクを実行させる方法は次のとおりです。

  • 設定に移動し、
  • [システム]> [デバイスについて]をクリックし、
  • 次に、ビルド番号を同時に7回クリックすると、画面に「開発者になりました」というメッセージが表示されます。
  • [設定]> [システム]に移動し、
  • これで、開発者向けオプションが表示され、クリックして、
  • [レンダリング]または[描画]セクションまで下にスクロールし、
  • ハードウェアオーバーレイをオフにする/ハードウェアオーバーレイを無効にするというチェックボックスをオンにします。

修正10:ハードリセットを実行する

どの方法でも問題が解決しない場合は、ハードリセットを実行してください。ハードリセットすると、デバイス上のすべてのデータが消去されます。したがって、すべての重要なデータのバックアップを取るようにしてください。

  • 電話の電源を切り、
  • 次に、電話が再起動するまで電源と音量小ボタンを押し続けます。
  • デバイスの電源をリカバリモードでオンにします。
  • [データのワイプ/ファクトリリセット]オプションを選択し、
  • [はい]をクリックして確認し、
  • プロセスが完了したら、[今すぐシステムを再起動する]を選択します。
結論

それで全部です!私たちはあなたに可能なすべての解決策を提供しました。これらの方法で修正を取得できることを願っています。問題がいくつかのAndroid関連の問題の結果である場合は、ダウンロードリンクが以下に提供されているdrfone自動Android修復ツールを使用して自動修正を取得します。

dr foneAndroidツールをダウンロード