Whatsappは、スマートフォンユーザーの間で広く使用されているソーシャルネットワーキングサイトです。このアプリが私たちの生活の一部になっていると言えば、間違いではありません。私ですか? Whatsappはユーザーに非常に多くの優れた機能を提供しますが、私によると、ブロッキングはアプリが提供する便利なオプションの1つです。このオプションを使用することで、Whatsappでのアクティビティの表示を簡単に阻止できます。

Whatsappでの連絡を適切にブロックすることは、完全にすべてのユーザーの個人的な問題であり、個人的な理由により、必要に応じていつでもアカウントで誰でも完全にブロックできます。しかし、私は何度か、彼らが彼らがブロックされていることに気づいていないという理由だけで、彼らが彼らをブロックしている連絡を試み続ける人々を見ました。したがって、これらのユーザーを考慮して、このブログでは、連絡先がWhatsappでブロックされているかどうかを確認する方法、または連絡先がWhatsappでブロックされているかどうかを確認する方法について説明します。

                          

特定の連絡先がWhatsappアカウントであなたをブロックしたことを示すいくつかの兆候を登録しました。

連絡先のプロフィール写真を見てください

ユーザーに連絡できず、ユーザーがあなたをブロックしているとは思わないが、ブロックされているかどうかわからない場合は、最初に確認することをお勧めするのは、連絡先のプロフィール写真です。プロフィール写真のアイコンに空白の画像が表示されている場合は、その連絡先によってブロックされている可能性があります。

                   

連絡先にメッセージを送信する

ブロックした連絡先にメッセージを送信した場合は、常に1つのチェックマークが表示されます。これは、メッセージが自分の側から送信されたが、別の側に送受信されていないことを明確に意味します。もう1つは、単一の目盛りが二重の目盛りに更新されないことです。ダブルチェックマークは、メッセージが配信されたことを示します。

連絡先の最後に表示されたステータスまたはステータスを探します

ブロックされているかどうかを確認するもう1つの方法は、最後に表示された連絡先と連絡先のステータスを確認することです。確認できない場合は、ブロックされたことを示します。

                      

連絡先とWhatsappグループを作成します

このトリックは、ブロックされているかどうかを確認するための最良の方法の1つです。グループにその連絡先を追加できず、「この連絡先を追加する権限がありません」というメッセージが表示された場合は、その連絡先でWhatsappグループを作成する必要があります。そうすると、その特定の連絡先によって確実にブロックされます。 。

連絡先に電話する

その連絡先に音声/ビデオ通話を接続できない場合は、その連絡先によってブロックされていることも示しています。

            

注:上記のすべての兆候は、ブロックされたことを証明する確実な方法ではありません。たとえば、連絡先のプロフィール写真、最後に表示されたもの、ステータスがプライバシー設定のために表示されない場合や、ネットワークの問題が発生しているためにメッセージが配信されない場合があります。しかし、上記の兆候を長い間観察している場合は、その連絡先によってブロックされていることは間違いありません。

結論:

連絡先がWhatsappであなたをブロックしたかどうかを知る方法、または連絡先がWhatsappであなたをブロックしたかどうかを確認する方法については以上です。あなたがブログが好きなら、より有益なチュートリアルのために私たちのサイトを訪問し続けてください。読んでくれてありがとう。すてきな一日を。