申し訳ありませんが、Cipboardで許可されたMacでの操作に苦労していますか?次に、複数のユーザーがこのエラーを主張しているので、あなたが一人ではないことを心配しないでください。あなたも同じことに悩まされていて、エラーを乗り越えるためのトラブルシューティングガイドを探しているなら、あなたは正しい場所にいます。エラーを詳細に分析し、エラーを修正するための最善の方法を提供します。したがって、記事を最後までスクロールし続けます。

 「申し訳ありませんが、Cipboardでの操作は許可されていませんMac」というエラーについて詳しく知る

先に述べたように、そのエラーは非常に一般的であり、コンテンツをコピーして貼り付けるときに上記のエラーに直面するという不満を共有しているユーザーもいます。これは、クリップボードに問題があることを意味します。コピーされたアイテムはおそらくクリップボードに保存されていますが、エラーはアクセスできないことを示しています。 (「クリップボード:これは、ユーザーがMacコンピューターにコピーして貼り付ける情報の仮想データストレージスポットです)。エラーについて多くの調査を行った結果、エラーに直面する理由はソフトウェアのバグとマルウェアである可能性があると結論付けました。

上記のエラーを解決するには、これらの修正を試してください

方法1:Macを再起動します

Macを再起動することをお勧めします。 Macを再起動するとソフトウェアが更新され、一時的な不具合が修正される可能性もあります。続行するには、以下のガイドラインに従ってください。

  • まず、画面の左上隅にあるAppleアイコンをタップします
  • 再起動をタップします

  • 画面に表示されるウィンドウで[再起動]を選択します
方法2:ターミナルを使用する

何らかの理由でActivityMonitorでpboardサーバーを終了できない場合は、ターミナルを使用して終了できます。

  • [アプリケーション]>[ユーティリティ]に移動し、[ターミナル]をダブルクリックして起動します
  • 次に、sudokillallpboardと入力します

  • Returnキーを押します
  • 必要に応じて、Mac管理者パスワードを入力し、Returnキーを押します
  • 最後にターミナルを終了します
方法3:ActivityMonitorを使用する

この方法では、上記のエラーの原因となる可能性のあるコンピューターで実行されている機能を強制的に終了するのに役立つため、ActivityMonitorを使用することをお勧めします。したがって、エラーを回避するには、以下のガイドラインに従ってください。

  • コマンド+スペースを押して、スポットライト検索を開きます
  • ActivityMonitorと入力し、Enterキーを押します

  • メニューセクションでActivityMonitor>selectCPUを使用します
  • 次に、一番上隅の検索セクションにpboardと入力します

  • プロセスをダブルタップし、[終了]をクリックします

方法4:Macソフトウェアを更新する

それでも「Cipboardで許可されたMacでの操作はできません」に苦労している場合は、Macコンピュータを更新することをお勧めします。ソフトウェアを更新すると、ソフトウェアのバグや不具合が削除されるため、エラーの解決に役立つ場合があります。

続行するには、以下のガイドラインに従ってください。

  • 最初のステップで、画面の左上隅にあるAppleアイコンをタップします
  • システム環境設定を選択します

  • ソフトウェアをクリックします

  • [ソフトウェアの更新]を選択し、[今すぐ再起動]をタップしてプロセスを開始します
  • プロセスが完了するまで待ってから、問題が解決したかどうかを確認します。
方法5:Mac修復ツールを使用する

上記の方法のいずれも機能しない場合は、エラーの背後にある理由がシステムの破損であることを意味します。したがって、このようなシナリオでは、リポジトリをスキャンするだけでなく、検出された問題/エラーを数回クリックするだけで自動的に修正するエキスパートツールをお勧めします。したがって、それ以上の遅延なしに、ツールを入手するだけです。

⇓Mac修復ツールを入手

評決!!!

これで、MacでCipboardを使用した操作はできません。この記事が間違いなくエラーを乗り越えるのに役立つことを願っています。修正して読んでくれてありがとう。