「Autopilot.dll WIL エラーが報告されました」は、頻繁に報告されるエラーの 1 つです。一部の検証済みソースによると、ユーザーはランダムなクラッシュや予期しないシステムの再起動に直面し、これらはこのエラーの症状ですが、一部のユーザーはこのエラーによる技術的な問題も主張しています。たとえば、ラップトップのタッチパッドが機能しなくなったこと。これらのエラーは通常、ラップトップまたはデスクトップ コンピューターがスリープ状態になり、ユーザーによって起動された後に発生します。

そして、エラーを深く掘り下げたところ、上記のエラーは Windows 10/11 ユーザーが最新のパッチで Windows を更新した後に観察され、主にプレビュー ビルドを使用しているユーザーに発生したと結論付けました。ただし、通常の Windows バージョンを実行しているユーザーも、このエラーで立ち往生する可能性があります。

また、同じ問題に直面している場合は、以下の言及されている試行済みおよびテスト済みの方法に従って、エラーを回避できます。

「Autopilot.dll WIL エラーが報告されました」を解決する方法?

方法 1: Microsoft アカウント サインイン アシスタント サービスを無効にする

最初の方法では、Microsoft アカウント サインイン アシスタント サービスを無効にし、以下のガイドラインに従って同じことを行うことをお勧めします。

  • まず、Windows Search で「サービス」と入力して Enter キーを押し、下にスクロールして [Microsoft アカウント サインイン アシスタント サービス] を見つけます。
  • サービスを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  • その後、[スタートアップの種類] ドロップダウン メニューから [無効] を選択します。
  • 最後に [適用] を選択してから [OK] を選択します。

方法 2: 最新の Windows Update をインストールする

上記がうまくいかない場合は、最新の Windows Update をインストールし、以下の指示に従って同じことを行うことをお勧めします。

  • Windows Search に「Updates」と入力して Enter キーを押し、[Check for Updates] をクリックして、Windows がすべての重要なファイルをダウンロードしてインストールするのを待ちます。
  • オプションのアップデートが利用可能な場合は、あまりにもインストールします
  • 最後にシステムを再起動します
方法 3: XMP を無効にする (該当する場合)

この方法では、XMP を無効にすることをお勧めします。 XMP はシステム メモリのオーバークロックの一種であり、ランダムなクラッシュを引き起こす可能性があります。そのため、Windows でこの機能を有効にしている場合は、無効にすることをお勧めします。

同じことを行うには、以下のガイドラインに従ってください。

  • PC を再起動し、F2、F8、F10、Del、Esc、または別のボタンを押し続けます (手順については、マザーボードの製造元にお問い合わせください)。これにより、BIOS が起動します。
  • 次に、オーバークロック、上級、または同様のセクションをチェックして、XMP 機能を見つけます。
  • 最後に XMP を無効にし、マシンを通常モードで再起動します。

方法 4: Windows を再インストールする

上記の方法のいずれもうまくいかない場合は、Windows を再インストールし、以下の手順に従って同じことを行うことをお勧めします。

  • Microsoft の公式 Web サイトにアクセスし、Windows 10 インストール メディア (Windows 11 バージョン) をダウンロードします。
  • 次に、インストーラーをダブルクリックし、UAC からプロンプトが表示されたら [はい] を選択します。
  • 次に、[規約に同意] > [別の PC 用にインストール メディア (USB フラッシュ ドライブ、DVD、または ISO ファイル) を作成する] オプションを選択し、[次へ] をタップします。
  • [この PC に推奨オプションを使用する] チェックボックスを選択した後、[次へ] をタップします。
  • ISO ファイルを選択し、[次へ] をクリックします。

  • ISO を準備したら、それを故障した PC に挿入します。
  • 次に、マシンを再起動し、F8、F10、F12、Del、または BIOS にロードできる別のボタンをすばやく押します。
  • その後、[Boot] セクションに移動し、[Boot priority] を [Flash Drive] に設定します。
  • 最後にシステムを再起動し、画面の指示に従って Windows を再インストールします。

Windows の問題を即座に解決

クラッシュ/遅延/フリーズまたはその他の Windows エラーなどの問題で頻繁に行き詰まる場合は、自動 PC 修復ツールを使用してシステム ファイルを削除することを強くお勧めします。ランダムなクラッシュは、PC が破損していることを示しているため、Windows に関連するすべての問題/エラーに対処するには、以下のツールを使用してください。

⇑ここからPC修復ツールを入手してください⇓

結論

「Autopilot.dll WIL エラーが報告されました。 「ブログが気に入ったら、引き続きサイトにアクセスして、さらに役立つ記事を探してください。