ごく最近、iOS 14/15ユーザーから、「iCloudアカウントとiMessageアカウントが異なるか、サインインしていないため、名前と写真を共有できません」というエラーが報告されました。この問題は、iOS14/15の特定のバグについて説明しています。 、ここでさまざまな解決策を見つけることができます。

しかし、その前に、私たちのタスクは、そもそもこのエラーが発生する原因となる可能性のあるものを見つけることです。考えられる理由はたくさんあります。上記のエラーメッセージがiPhoneの画面に表示される原因として最も一般的なものを以下に示します。

  • icloudアカウントとimessageアカウントが異なるか、サインインしていない、
  • AppleIDには複数の電話番号が関連付けられているため、名前や写真を共有することはできません。
  • 不安定なiOSシステムのバグまたは不確実なiCloudエラー。

これが私たちが提供したさまざまなトラブルシューティングソリューションです。あなたは間違いなくそれらを試してみるべきです、そしてこれらは確かにあなたが必要な修正を得るのを助けるでしょう:

状況に適用できる可能な修正

修正1:iCloudアカウントとiMessageアカウントが同じかどうかを確認する

最初の解決策は、同じiCloudアカウントとiMessageアカウントを使用していることを確認することです。以下の手順に従ってください。

  • [設定]に移動し、名前をクリックして、AppleIDとiCloudアカウントにサインインしているかどうかを確認します。
  • 次に、[設定]>[メッセージ]>[iMessage]> [送受信]に移動し、使用しているAppleIDがiCloudアカウントと同じかどうかを確認します。
  • そうでない場合は、それらを同じアカウントに変更すると、問題が自動的に解消されることがわかります。

修正2:電話番号を削除して写真と名前の共有が利用できない問題を修正する

問題は、AppleIDに関連付けられている電話番号が多すぎることが原因である可能性があります。問題を解決するために電話番号を削除する方法は次のとおりです。

  • [設定]>[メッセージ]>[送受信]に移動し、Apple IDをクリックして、[サインアウト]を選択します。
  • 次に、[設定]> [Face Time]に移動し、サインアウトします。
  • iMessageに戻り、AppleIDにサインインします。
  • ここにリストされている電話番号が表示されます。使用する電話番号の1つを確認してください。
  • AppleIDパスワードを変更してすべての電話番号を削除してから、iMessageをアクティブにして、電話番号を再設定することもできます。

修正3:サインアウトしてiCloudに再度サインインする

iCloudは、icloudとimessageアカウントが異なる、または現在直面しているサインインしていないなど、不確実なエラーを引き起こす場合があります。したがって、サインアウトしてから再度サインインして、修正が行われるかどうかを確認する必要があります。

  • [設定]を開き、[自分の名前]をクリックして、[サインアウト]を選択します。
  • 「iPhoneを探す」をオフにするためにAppleIDパスワードを入力するように求められます。
  • すべてのアプリを閉じてから、設定に移動してAppleIDに再度サインインします。

修正4:iMessageをオフにしてからオンにする

前のオプションが機能しない場合は、新しいiOSシステムに不安定なバグがある可能性があるため、しばらくの間iMesageをオフにしてみてください。したがって、iMessageを再度オンにして、これで修正が得られるかどうかを確認してください。

修正5:iTunesを使用してエラー修正を取得します

このツールはiPhoneデータを取り戻すのに効果的ですが、復元オプションを使用して多くの問題を修正できます。ただし、iTunesを使用してデバイスを工場出荷時の設定に復元すると、すべてのデータが失われるという欠点があります。必要な手順を以下に示します。

  • MacにiTunesをインストールし、iPhoneをそれに接続します。
  • [概要]に移動し、[iPhoneの復元]をクリックします。
  • 以前に無効にしたことがない場合は「探す」をオフにしてから、「復元」をクリックします。
  • [復元]をクリックしてアクションを確認し、
  • 次に、iTunesはデバイスを新しいデバイスに復元し、最新のiOSシステムをインストールします。

修正6:iPhoneの設定をリセットする

以前に行った設定によるエラーを回避するには、iPhone設定のリセットを実行する必要があります。 [設定]>[一般]>[リセット]>[すべての設定をリセット]に移動します。これは確かに必要な修正を取得するのに役立ちます。

結論

それで全部です! icloudアカウントとimessageアカウントで可能なすべての修正が異なるか、サインインされていません。そうなると、これらの修正が必要な修正を取得するのに役立ちます。質問、質問、提案がある場合は、以下にコメントしてください。