最新のiOS15では、iPhoneのロックが解除されると、着信が画面の上部にバナー通知として表示されます。邪魔にならないので、その瞬間に何をしていても続けることができます。

 Remind Me LaterやMessagesなどのサービスは現在利用できないため、通話を見落とす可能性もあります。ありがたいことに、iPhone iOS15でフルスクリーンの発信者IDなどのサービスに切り替えることができます。

これにより、iPhoneを使用しているときは、ロックされているときと同じように、画面全体に着信が表示されます。 iPhone iOS 15でフルスクリーンの発信者IDを設定する方法については、以下を確認してください。

iPhone ios15でフルスクリーンの発信者IDを取得する手順

これは、iPhoneの設定から簡単に行うことができます。完全な手順を知るには、以下を確認してください。

  • スマートフォンの設定を開き、
  • アプリのリストで、[電話]、[電話]の順に選択します。
  • [電話へのアクセスを許可する]セクションに移動し、[着信]をクリックします。
  • デフォルトでは、バナーとして設定されています。フルスクリーンの発信者IDを取得するには、[フルスクリーン]を選択します。

いつでもバナー通知オプションに戻ることができます。このためには、全画面からバナーオプションに切り替えます。

必要に応じて、連絡先に画像を割り当てることができます。それまでに、電話を受けるたびに、電話をかけた人の写真が全画面表示されます。この興味深い機能を楽しむには、以下のガイドに従ってください。

フルスクリーンの発信者IDで電話をかけている人の画像を追加する手順

連絡先アプリを開き、画像を割り当てる連絡先をタップし、

  • [編集]オプションをクリックして、[写真の追加]を選択します。
  • ギャラリーを選択し、その人の画像をブラウザで表示します。
  • 電話を動かして拡大縮小し、位置を指定し、その位置に満足したらオプションを選択をクリックします。
  • 写真にフィルターを追加できます(オプション)、

 それでおしまい。これで、電話を受けると、フルスクリーンの発信者IDがiPhone iOS 15に表示され、相手が電話をかけたときに表示されます。

結論

iPhone iOS 15でフルスクリーンの発信者IDを取得するのがいかに簡単かをご存知でしょう。いつでも、以前のデフォルトのバナー通知モードに戻すことができます。これを行うためのヒントを提供しました。質問や質問がある場合、または記事に関連することを言わなければならない場合は、コメントボックスが開いています。