この特定のブログでは、Macでファイルサイズを縮小する方法について説明します。画像やドキュメントをアップロードしているときに、小さいサイズのファイルをアップロードするように求められることがよくあります。なぜ彼らがファイルサイズを圧縮することを要求するのか考えたことはありますか?これには大きな理由があります。圧縮の必要性について説明します。

最近のコンピューターは徐々に多くのファイルを保存できますが、ファイルサイズは依然として非常に重要です。ファイルが小さいほど、より多くのファイルを保存できます。そのため、圧縮アルゴリズムを使用して、ファイルを表すために必要なスペースの量を減らします。また、圧縮損失には可逆圧縮と非可逆圧縮の2種類があります。このチュートリアルは圧縮の必要性についてではないので、これ以上は説明しません。それでは、トピックに戻って、Macでファイルを小さくする方法について話しましょう。

Macで大きなファイルを圧縮/押しつぶす/縮小して小さくするにはどうすればよいですか?

このセクションでは、Macで大きなファイルを圧縮する方法について説明します。ファイルを誰かに送信する場合は、受信者がファイルを「解凍」できるようにする必要がありますが、これを行う方法は多数あり、一部のOSにはオプションが組み込まれています。次の手順に従って続行します。

  • ファインダーで、圧縮するフォルダーを見つけます
  • 次に、ファイルを右クリックし、[圧縮]をクリックします

  • その後、ファイルが圧縮されるまで待ちます
  • ファイルは、同じ名前でファイル拡張子が.zipの同じフォルダーにあります。
MacでPDFファイルのサイズを変更する方法

PDFファイルのサイズを変更する意思があり、その方法がわからない場合でも、数秒かかることを心配する必要はありません。プレビューアプリを使用して、同じことを簡単に行うことができます。

方法は次のとおりです。

  • まず、プレビューでPDFを開きます
  • [ファイル]をタップします

  • ClickExport

  • クォーツフィルターをタップします

  • [ファイルサイズを小さくする]をクリックします

  • 最後に[保存]をクリックして、小さいPDFを保存します。
MacでファイルのMBサイズを減らす方法は?

もう1つのよくある質問は、ドキュメントページのサイズを縮小する方法です。手順に従って、ページ内のファイルのサイズを縮小します。この方法は、ページドキュメントにビデオ/画像が含まれている場合にのみ機能することに注意してください。

  • [ページ]で、[ファイル]をクリックします
  • [ファイルサイズを小さくする]をタップします

  • 次に、ファイルサイズを小さくする方法を選択します。>画像を切り抜いて拡大縮小することは可能です。また、スペースを節約するためにムービーの品質を下げることもできます。
  • [コピーを減らす]をタップしてファイルの2番目のバージョンを作成するか、[このファイルを減らす]をタップして現在のバージョンを削減します。

Macでビデオファイルのサイズを小さくするにはどうすればよいですか?

ビデオファイルは多くのスペースを占めることがわかっているため、Macでビデオファイルのサイズを縮小する方法についての質問を報告するユーザーもいます。あなたもそうする気があるなら、以下の言及の指示に従ってください:

  • iMovieを開き、[新規作成]>[ムービー]をクリックします

  • [ファイル]をタップします

  • 次に、[メディアのインポート]をクリックして、ファイルをインポートし、[ファイル]>[共有]>[ファイル]をタップします。

  • ここで解像度または品質を調整してから、低くします>[次へ]をタップします

  • 最後に[保存]をタップして、ファイルを小さいファイルサイズで保存します。

Macの問題に対する最善かつ即時の解決策

システムにアクセスしているときにいくつかの問題に悩まされることがよくあり、ほとんどの場合、手動の方法を使用して問題を乗り越えることができます。ほとんどの場合、これらの手動による方法が効果的であることは間違いありません。しかし、手動の方法は、エラー/問題の根本を修正するのに十分な能力があります。同じことを行うには、修復ツールが必要です。このツールは、システムを徹底的にスキャンするだけでなく、Macのいくつかの誤動作からユーザーを保護します。したがって、一時的な手動の方法に不満がある場合は、このツールを一度試してください。

⇓Mac修復ツールを入手する

結論

Macでファイルサイズを小さくする方法は以上です。 Macでファイルを小さくする方法をいくつか提供しているので、ブログが気に入っていただければ幸いです。