Macのファンはシステムの内部を冷却し、過熱のリスクを防ぎます。ただし、これらは非常にノイズが多く、エネルギーを消費するため、人々はそれらを可能な限り静かにする方法のオプションを探します。ポッドキャストやビデオを録画するときに重要になります。

バッテリーの充電が足りなくなったら、バッテリーが起動しないようにしたいと思うかもしれませんね。これは、温度センサーが正しく機能することを確認するために、Macのファンが正当な理由で起動することを警告するものです。

それらをオフにすると、Macのハードウェアコンポーネントに大きな損傷を与える可能性があります。最悪のシナリオでは、これにより火災が発生する可能性があります。したがって、どうしても必要な場合にのみ、ファンを短時間停止する必要があります。

状況に応じてファンを制御するために、ここではMac用の最高のファン制御アプリを提案しています。オフまたはオンのオフまたはオン、速度の制御、ファンが始動する温度の設定、温度とファンの速度の監視などの多くの機能を提供するため、実際にそれらを探す必要があります。

Macに最適なファンコントロールアプリ

smcFanControl

SncFanControlは、長年にわたって私たちの周りに存在している有名なファン制御アプリです。 MacのメニューバーでCPU、GPU、およびブートディスクの温度を監視するのに役立ちます。また、Macの各ファンの温度を個別に設定できます。

それに加えて、3つのプリセットオプションがあります。つまり、バッテリー電源、主電源、および充電時です。そのため、ファンがバッテリーを消耗せず、Macが接続されたときに可能な限りクールになるようにすることができます。

TGプロ

TGは温度計を指します。このアプリには、標準のTGアプリとTGProの2つのバージョンがあります。 TG Proは、MacMontereyとAppleSiliconをサポートしており、Appleによって公証されています。 CPU、GPU、ロジックボード、バッテリー、ブックディスクの温度センサーを表示できます。また、手動で、またはファンが開始するカスタムルールを設定することもできます。

Macのファンコントロール

内部のコンポーネントの温度を監視および表示します。また、システムに接続されている外付けハードディスクとSDDの温度を確認することもできます。ファンの速度を設定したり、ファンが始動する温度を設定したりできます。

その小道具バージョンでは、ファンとのビデオ編集などのさまざまなイベントのカスタム設定を作成し、FinalCutProとPremiereを開くときにキーボードショートカットを使用してアクティブにすることができます。これらのアプリはより多くの熱を発生させます。

iStatMenus

このアプリを使用すると、Macであらゆる種類の診断情報を確認できます。これを使用して、CPU、GPU、およびハードディスクの使用状況を監視したり、メモリとネットワークのアクティビティを確認したりできます。また、主電源で動作しているときとバッテリーで動作しているときに特定のルールを適用することで、温度センサーを確認し、Macのファンを制御することもできます。

Macの速度を最適化する方法は?

Macの速度を下げるためにファンコントローラアプリを使用する必要はありません。必要なのは単にそれを涼しく保つことです。そのためには、起動時に起動してバックグラウンドで実行されるアプリとプロセスを制御する必要があります。

CPUを集中的に使用するプロセスを表示し、それらを完全に終了できる組み込みのMacアプリActivityMonitorを使用できます。 Macが過熱するのを防ぐことができれば、Macファンは静かになります。

結論

Macで利用できるファンコントローラーアプリはたくさんあります。それらを使用したい場合は、それらを適切に使用し、Macを過熱の危険にさらさないようにする必要があります。上記のリストは、Mac用のファンコントロールアプリについて検討するのに最適なリストです。

日常生活では、さまざまなMac関連の問題に遭遇する可能性があります。それらに効果的に対処するには、自動ツールを使用する必要があります。この目的のためにMac修復ツールを使用することをお勧めします。また、システム最適化ツールとしても機能します。こちらが直接ダウンロードリンクです。

Mac修復ツールをダウンロードする