いくつかの電子メール管理ユーティリティがありますが、何百万もの人々が公式メールの追跡と管理をOutlookに依存しています。しかし残念ながら、このソフトウェアはエラーがないわけではありません。何人かのユーザーが、画面上のネットワークエラーに接続していることを確認してOutlookがログオンできないと主張しているためです。また、ユーザーが上記のエラーでプロンプトが表示された場合、Outlookを開いたり、アカウントを使用したりすることはできません。

レポートによると、Microsoftは常にサービスを更新およびアップグレードしており、ユーザーが新しいサービスに準拠できるようにするために何度かユーザーの構成を更新していないため、ユーザーはこの問題に直面しています。また、この問題はOutlook 2016ユーザーによって主に報告されていますが、他のバージョンでも発生する可能性があります。

そのため、エラーを回避するためにいくつかの効果的なデータを収集したユーザーの不満を考慮して、問題が解決するまで、以下のガイドラインに従ってください。

Outlookでこれらの修正を試して、ネットワークに接続していることを確認してログオンできない

方法1:プロファイルを削除して新しいプロファイルを作成する

この方法では、Outlookプロファイルが完全に削除されるため、新しいプロファイルを作成して接続を再構成する必要があります。続行するには、以下の手順に従ってください。

  • まず、Windowsボタンを押してコントロールパネルを入力します。その後、Windows 8以降を使用している場合は、結果が開きます。古いエディションでは、スタートメニューにコントロールパネルがあるため、そこから直接開くことができます。
  • 次に、アイコンビューに切り替えて、大小を問わず、開いてください
  • [メール]>[プロファイル]をタップして、Outlookを選択します
  • 次に、[削除]をクリックして削除し、クリックして新しいプロファイルを追加し、Outlook1という名前を付けます。
  • 次に、指示に従ってアカウントを再度構成します。

完了したら、アカウント/プロファイルを再度作成し、今度はWindowsが好むように構成します。

方法2:OutlookにAutoDiscoverに応答せず、代わりにドメインに応答するように依頼します

プロファイルを削除したくない場合は、方法1をスキップして、この方法を試して問題を解決できます。続行するには、以下のオプションに従ってください。

オプション1:レジストリエディタ経由
  • Windowsキー+Rを同時に押して[実行]ダイアログボックスを開きますが、\ 16.0 \ Outlookの後で停止し、プロファイルフォルダーを開かずに、代わりに自動検出フォルダーをタップします。
  • 次に、右側を右クリックして[新規]を選択し、[DWORD(32ビット)値]を選択します。
  • その名前の後に値ExcludeHttpsRootDomain
  • 追加したら、値をダブルクリックして、値データを1に設定し、ベースを16進数のままにします。
  • 最後にレジストリエディタウィンドウを閉じて、問題が解決したかどうかを確認します。
オプション2:.xmlファイル経由
  • まず、以下のテキストを含むテキストファイルを作成し、test.xmlとして保存します。デスクトップの任意の場所を右クリックし、[新規]に移動して[テキストドキュメント]を選択すると、テキストファイルを作成できます。

  • このファイルを、知っている名前と場所で保存します。後で誤って削除することはありません。
  • 次に、オプション1の最初の手順に従って、自動検出を取得します
  • その後、新しい文字列値を作成し、電子メールドメイン名(comなど)に名前を付けます。
  • 新しい値をダブルクリックして、作成した.xmlファイルへのパスを入力します
  • 次に、DWORD値を作成し、PreferLocalXMLという名前を付けてから、ダブルクリックして、値1を指定します。
  • 最後にレジストリエディタを閉じます。
方法3:/resetnavpaneコマンドを使用する

この方法では、現在のユーザープロファイルのナビゲーションペインをクリアして再生成するresetnavpaneスイッチを使用することをお勧めします。また、お気に入りのフォルダーとショートカットをすべて削除し、profilename.xmlを削除した場合と同じ結果を得ることができます。

  • キーボードでWindowsRキーを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 表示されたボックスにOutlook.exe/resetnavpaneと入力し、Enterキーを押します。

これで、「Outlook.exe」と「/resetnavpane」の間にスペースができました。

方法4:レジストリエディタを使用して、Outlookのプロファイル内のキーを削除します

上記の方法のいずれも機能しない場合は、レジストリキーを使用してOutlookのプロファイル内のキーを削除することをお勧めします。

方法は次のとおりです。

  • Win+Rキーを押して、実行ユーティリティを開きます
  • [ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスで、regeditと入力し、Enterキーを押します。
  • レジストリエディターが表示されたら、左側のナビゲーションペインを使用して、次のフォルダーに移動します。16.0はOffice 2016用であることに注意してください。古いバージョンまたは新しいバージョンを使用している場合、番号は異なります。次のように番号:

Outlook 2007 = \ 12 \

Outlook 2010 = \ 14 \

Outlook 2013 = \ 15 \

Outlook 2016 = \ 16 \

HKEY_CURRENT_USER \ SOFTWARE \ Microsoft \ Office \ 16.0 \ Outlook \ Profiles \ Outlook

最後の言葉

これで、Outlookはログオンできず、ネットワークに接続していることを確認できません。あなたがブログを気に入ってくれて、それがあなたのために役立ったことを本当に願っています。