Tag: 工場出荷時のリセット保護を無効にしてGoogleアカウントの確認をバイパスする方法

工場出荷時のリセット保護を無効にして、Googleアカウントの確認をバイパスするにはどうすればよいですか?

工場出荷時のリセット保護を無効にしてGoogleアカウントの確認をバイパスする方法については、記事を確認してください。この記事では、ファクトリリセット保護を無効にせずにすでに電話をリセットしている場合に、Googleロック画面を取り除く方法についても説明します。 以前に使用したGoogleアカウントの詳細を思い出せない場合は、スマートフォンをリセットした後、アカウントの確認ページに表示される可能性があります。このような場合、「GmailのGoogleアカウントからロックアウトされ、状況を確認できない」ことを取り除くために、Googleアカウントの確認をバイパスする手順が必要です。 「リセット後にGoogleアカウントを確認する」について知っておく これは、ユーザーのセキュリティと安全性を優先するためのGoogleによる試みです。最新のAndroid5.1バージョン(lollipop)を使用している場合は、Googleアカウントが盗まれたり紛失したりした場合に、電話が使用されないようにする新しいセキュリティ機能があります。 このシステムはファクトリーリセット保護と呼ばれ、ユーザーの電話の重要なデータを保護します。同時に、Googleアカウントのパスワードを忘れたユーザーに不便をもたらします。人々は電話をリセットする前にFRPまたはファクトリーリセット保護を無効にしなかったので、彼らはGoogleのロック画面になってしまいます。 「アカウントの確認ページ」で、以前にデバイスで同期されたGoogleアカウントでサインインするように求められます。 Googleアカウントとパスワードを思い出せない場合は、FRPロックまたはGoogleアカウント検証をバイパスする必要があります。方法は次のとおりです。 工場出荷時のリセット保護を無効にして、Googleアカウントの確認をバイパスします アカウント認証を回避するには、工場リセット保護を無効にする必要があります。問題は、工場出荷時のリセット保護を無効にして、Googleアカウントの確認をバイパスする方法です。デバイスにGoogleアカウントを追加すると、ファクトリリセット保護が自動的に設定されます。 FRPをオフにするには、デバイスを工場出荷時の設定にリセットする前に、スマートフォンで使用しているGoogleアカウントを削除する必要があります。タスクを実行する方法は次のとおりです。 Androidで[設定]を開き、 [設定]で、[アカウント]または[アカウントのバックアップ]オプションを見つけてクリックし、 [アカウント]ページに入り、Googleアカウントにマークを付けて、[アカウントの削除]オプションを選択します。 これを行うと、アカウントはAndroidフォンとファクトリーリセットプロテクションから削除されます。   リセット前に工場出荷時のリセット保護を無効にするのを忘れ、リセット後にGoogleアカウントの確認をバイパスする手順を探している場合は、Droidkit、D-G Unlocker Tool、GSM FlasherADBToolなどのさまざまなFRPバイパスツールを使用できます。 このツールを使用すると、スマートフォンのGoogleロックをすぐに解除でき、デバイスを技術者に送り、数日待ってから元に戻す必要はありません。インストールプロセスにはさまざまなデバイスで独自の機能があるため、アプリのインストールで問題が発生する可能性があります。…