TP-Link mini Smart Wi-Fiプラグのおかげで、電気器具をリモートで操作できるようになりました。 WI-FI経由でスマートプラグに接続された携帯電話を1回タップするだけで、ライトとファンのオンとオフを切り替えることができます。

スマートプラグは、アプライアンスのスイッチと電源コンセントの間にあり、WI-FI接続がある限り、遠くから流れる電流の量を制御できます。 tp linkスマートプラグミニがwifiに接続しないなどの問題に直面している場合は、何をすべきかをご案内します。

tp-linkスマートプラグがwifiに接続しない問題の修正

 修正1:Wi-Fi接続を確認します

まず、Wi-Fiルーターが5 Ghz帯域にないことを確認する必要があります。これは、Tp-Linkスマートプラグとの接続の問題を引き起こすことが多いためです。スマートプラグに接続するには、2.4GHz帯域でブロードキャストするWi-Fiルーターが必要です。

スマートプラグが効果的に接続できるように、WI-FIルーターでVPNやファイアウォールがアクティブになっていないことを確認する必要があります。また、ルーターが新しい接続を許可し、MACフィルタリングやその他のフィルターを使用していないことを確認してください。

修正2:インターネットの問題がないことを確認する

明らかに、適切なインターネットカバレッジがない場合、Tplinkスマートプラグミニはwifiに接続しません。ここでインターネット接続は、スマートプラグがWI-FI上でうまく機能するために重要な役割を果たします。インターネット接続が機能していることを確認してください。ルーターの電源がオンになっているかどうかを確認する必要があります。適切なライトがオンになっているルーターは、動作上の問題がないことを示しており、別の解決策を探す必要があります。

修正3:Tp-Linkスマートプラグをリセットする

問題が解決しない場合は、スマートプラグをリセットしてください。最初に接続が行われなかったために、フェーズでスタックする場合があります。プラグをリセットすると、正しい接続が確立されます。

リセットの場合、必要なのは電源コンセントからそれを外し、20〜30秒間そのままにすることです。次に、スマートプラグを接続し直し、セットアップボタンを長押しします。次に、Wi-Fi接続を介してもう一度設定し、これが機能しているかどうかを確認します。

修正4:Kasaアプリを更新する

Kasaアプリは、スマートプラグのすべてのセットアップを制御できるモバイル申請者です。 tp-linkスマートプラグがwifiに接続しない場合は、アプリのアップデートを確認することをお勧めします。これにより、完璧な接続が保証されます。

このアップデートでは、接続の問題で問題を引き起こす可能性のあるアプリのすべてのバグ/欠陥が修正されています。このタイプの問題が再発しないように、アプリケーションで常に自動更新オプションを設定することをお勧めします。

修正5:スマートプラグに障害があるかどうかを確認します

どのデバイスにも独自の障害が発生する可能性があります。あなたは欠陥のあるスマートプラグに関連するいくつかの症状をグーグルでチェックすることができます。その場合は、現地の技術者または会社に所属する技術者のいずれかから技術者に連絡し、問題を把握して修正を提供してもらう必要があります。

結論

それで全部です! tp-linkスマートプラグがwifiに接続しない場合に試すべきすべての可能な修正を提供しました。 Androidベースの問題が問題を引き起こしている可能性があります。あなたの携帯電話でそのような問題を取り除くために、自動dr foneandroid修復ツールを使用することをお勧めします。

dr foneAndroid修復ツールをダウンロード