このガイドでは、Windows11Webカメラの焦点が合っていない場合の修正方法について説明します。ビデオ会議やオンラインクラスへの参加中にWebカメラを使用しているため、このようなエラーは困惑につながるだけでなく、非常に重要なことの間にいると非常に気が散ります。この問題に簡単に取り組むことはできないと思いましたが、それは悲惨な状況であることは事実です。ただし、エラーの処理に役立ついくつかの効果的な方法を収集したことを心配する必要はありません。それでは、これ以上遅れることなく、始めましょう。

Windows11Webカメラを解決する方法は焦点が合っていません

内蔵のウェブカメラを使用している場合、フォーカスレンズがないため、ラップトップのカメラフォーカスを調整することはできません。したがって、マイクロファイバークロスに数滴のアルコールを塗ってほこりを掃除することが唯一の選択肢ですが、外部Webカメラを使用している場合は、ぼやけた/ぼやけたカメラや焦点が合っていないカメラを乗り越えるための十分な解決策があります。

方法1:オプションの更新を確認する

この方法では、Windowが提案するオプションの更新を行うことをお勧めします。そして、以下のガイドラインに従うために進むために:

ステップ1:キーボードでWindows + Iキーを押して、Windows設定を起動します>左側のペインからWindowsUpdateをタップします>[詳細オプション]>[オプションの更新]に移動します

ステップ2:インストールするアップデートにチェックマークを付けます>アップデートを選択した後、ダウンロードを選択してインストールします

アップデートのインストールには時間がかかります>アップデートが完了したら、コンピュータを再起動します。

方法2:カメラアプリケーションをリセットする

上記の方法でうまくいかなかった場合は、カメラアプリケーションを修復してリセットし、問題を解決してください。

続行するには、以下の手順に従ってください。

ステップ1:[Windowsの設定]に移動し、[アプリ]メニューをタップ>次のウィンドウから[インストール済みアプリを選択]を選択し、カメラの横にある3つのドットをタップして、[詳細設定]を選択します

ステップ2:次に、下にスクロールして[リセット]を選択します

注意点:デバイスの関連データは完全に削除されるため、カメラアプリケーションをリセットする前に写真とビデオを保存してください。

方法3:内蔵カメラのトラブルシューティングを実行する

現在の問題を解決する可能性があるため、Windows11の組み込みのカメラトラブルシューティングを行うことができます。これを行うには、以下の手順に従ってください。

ステップ1:キーボードでWin+Iキーを押して設定メニューを起動します

ステップ2:[システム]>[トラブルシューター]>[その他のトラブルシューター]>[カメラの位置]に移動し、[実行]ボタンをタップします

ステップ3:次に、画面の指示に従ってプロセスを完了します>完了したら、PCを再起動します。

方法4:インターネット接続を確認する

ビデオハングアウトには大量の帯域幅が必要であり、カメラを使用しているプログラムが十分な帯域幅にアクセスできない場合、ビデオ品質が自動的に低下します。

接続速度と帯域幅を改善するには、イーサネット接続を使用します。また、現在の構成ではLAN接続がサポートされていないため、ルーターを再起動し、接続を使用して他のすべてのデバイスを切断して、カメラの帯域幅を解放します。

方法5:バックグラウンドアプリを閉じる

バックグラウンドで複数のアプリとプロセスを実行している場合、それは上記のエラーに直面する明らかな理由の1つです。 Teamsを実行していて、以前にSkypeでビデオ通話に参加したことがある場合は、Teamsで新しい通話に参加する前に、Skypeを完全に終了していることを確認してください。また、バックグラウンドで実行されているビデオ/写真プログラムをすべて閉じます。

以下の手順に従って、実行中の不要なアプリをバックグラウンドで閉じます。

ステップ1:まず、タスクマネージャーを起動し、[プロセス]タブをタップして、閉じたいアプリを右クリックし、[タスクの終了]オプションをクリックします

方法6:カメラドライバーを更新する

それでも焦点が合っていないウェブカメラの問題に苦しんでいる場合は、カメラドライバーを更新する必要があることは明らかです。ドライバーは、OSとハードウェアデバイス間の通信を確立する最も重要なコンポーネントです。したがって、ドライバーを最新の状態に保つことが不可欠です。以下の手順に従って、ドライバーを更新できます。

ステップ1:キーボードでWin + Xキーを押し、リストからデバイスマネージャーを選択します

ステップ2:そのウィンドウからカメラセクションを展開し、カメラドライバーを右クリックして、[ドライバーの更新]を選択します

ステップ3:[ドライバーを自動的に検索]を選択し、画面の指示に従ってプロセスを終了します。

または、自動ドライバーツールでドライバーを更新することもできます。これはプロのツールであり、数分以内にドライバーを最新バージョンに更新します。また、言うまでもなく、上記のエラーを解決するだけでなく、システムパフォーマンスを向上させ、クラッシュやフリーズの問題を発生させることなく、グラフィックを多用するタスクを簡単に実行できます。

⇑ここからドライバーツールを入手⇓

さらに、ウイルス対策を一時的に無効にしたり、PCに複数のカメラを接続している場合は他のカメラを無効にしたり、カメラを新しいカメラと交換したりすることもできます。

最後の言葉

それはすべての人です、私はすべての可能な修正を提供するために最善を尽くしました、そして今度は私たちのガイドラインに従うあなたの番です。読んでくれてありがとう。